本文へスキップ

デントリペアで"車のヘコミ"を鈑金塗装せずにスピード修理

トラストデント茨城阿見店

お問い合わせ090-1436-0355

〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見4666-2354

TOPデントリペアとは

デントリペア(PDR)とは?HEADLINE

ただ押すだけの簡単な技術ではありません・・・
デントリペアは特殊専用工具を使い、ミリ単位の精度(TRUSTデントリペアではミクロン
~ゼロ単位)でボディー鋼板の裏側を押す(時には「数百回」と押します)ことによって微
細な凹凸を作り、ボディー鋼板表面積を変化させることにより極限まで元の状態に近づけ復
元させます。
もちろん押すだけではなく、叩く技術も必要です。
施工する技術者の持つノウハウや経験により仕上がりに大きな差が生じるのもデントリペア
の最大の特徴です。

デントリペアのメリット
・オリジナルの塗装を生かせることができる
・作業時間が少なく済む(基本的に当日納車)
・お車の売却時に有利です
・塗料やパテなどの材料を一切使用しないので自然環境へも非常にやさしい
・鈑金塗装した際の不具合(ペーパー目、艶引け、色違い、ゴミ混入etc)が出ない
デントリペアのデメリット
・ちょと深いヘコミなど、ヘコミの状況によりパール色やメタリック色は変色してしまう場合
(パール粉やメタ ルの並びが変化してしまうため)があります。
・ヘコミができた衝撃により、表面には見えない塗膜の裏に割れができている場合、リペア途
 中でその割れが表 面まで出てきてしまう場合があります。
・再塗装や修復をした場所にできてしまったヘコミは、鉄板と塗膜の密着が悪い可能性があり
 ますの、そのよう な場合はリペア途中で塗膜が割れてしまうことがあります。
・ヘコミの大きさ、深さ、場所によりリペアできない場合もあります。 

→詳しいデントリペアと鈑金塗装の徹底比較はこちら

デントリペア前のヘコミの確認方法
TRUSTデントリペア(TDR)とは・・・

・従来のデントリペアでは除去しきれない「仕上がり時に残るパネルの歪み」も極限まで除
 去することが可能
・従来のデントリペアでは「難しい、不可能」と言われている「プレスライン部分や曲線部
 分」も整形可能
・従来のデントリペアでは「難しい、不可能」と言われている「フレーム(骨)の上にできた
 ヘコミ」も施工可能
・従来のデントリペアでは「難しい、不可能」と言われている「アルミパネル」も修理可能

他社で断られたヘコミや手直しなども、あきらめずにお問い合わせください